松岡修造が初登場の「ゴチになります」を早退!岡村あきれる


30日に放送された日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン春の熱血ゴチ2時間SP」(後7時)で、人気コーナー「ゴチになります!」に元プロテニス選手でタレントの松岡修造(49)が初参戦した。
「ゴチになります!」は高級レストランでメニューの金額を見ずに料理をオーダーし、設定金額から最も遠かった参加者が全員分の代金を自腹で払うゲーム。ナインティナインの岡村隆史、矢部浩之にレギュラーの国分太一、二階堂ふみ、大杉漣、渡辺直美にゲストとして、松岡修造と綾野剛が参戦した。

 五ツ星ホテルのリッツカールトン大阪の超高級イタリアンを舞台に2万円に設定された。

 進行の途中で進行役の羽鳥慎一アナウンサーが「お気づきになりましたか」「実はですね。松岡修造さんはこの後、生放送のため東京へお帰りになりました」と発表。矢部は「後半、静かに食べられたしね。横、おらんようになって」とリアクションを避けていたことを明かした。

 すでにオーダーをすませていた松岡は「僕がリボーンして生まれ変わった修造人形を置いていくので、あとはよろしく」とメッセージを残し人形を置いていった。岡村は「修造さんに払わして、このまま帰れへん?」と提案。新幹線移動中の松岡に「実は最下位ですよ」と電話すると、松岡は「あっ、トンネル」と言って電話を切った。

 結果は1位は1万9900円のニアピンで国分、2位は2万1800円で大杉。そして3位は2万3400円で松岡だった。最下位争いは岡村と矢部が残り、岡村が2万8100円で7位、矢部が2万9700円で最下位となった。合計料金20万1600円を自腹で払った矢部は、同ホテルで結婚披露宴をあげていただけに「ここかな? 結婚式挙げたん」と嘆いていた。

ノンスタ井上、3ヶ月半ぶり涙の復帰 石田と漫才「ひとつひとつお返ししていく」


ノンスタ井上、3ヶ月半ぶり涙の復帰 石田と漫才「ひとつひとつお返ししていく」

昨年12月11日に接触事故を起こし、謹慎していたお笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介(37)が30日、東京・ルミネtheよしもとで行われた公演『ノンスタ石田with初恋タローのゴリゴリネタライブ』にサプライズで出演。相方・石田明(37)との漫才で約3ヶ月半ぶりに復帰し、ファンからの声援に涙した。

この日はピンで出演していた石田が歌を題材にしたコントのオチで井上の歌手名義「Day of the legend」の楽曲を使用した。笑いに包まれる中で会場が突然、暗転。スクリーンに「NON STYLE漫才」と表示されると、何も知らなかった観客はざわつき、NON STYLEの2人が登場すると割れんばかりの拍手と歓声が響きわたった。

 あまりの歓声に石田が「うるさいなぁ!」「(これまでネタをやってきた)初恋タローがかわいそう」などと発言し笑わせると、井上も「前にこの人気がほしかった」と一言。井上を見た石田が「なんか、久しぶりやなぁ」と言うと「そうやな」と井上。続けて「なんかあったん?」と聞かれ井上が「あったんや」。さらに「なんかあったん? っていうか、なんかあたったん?」と石田がしつこく聞き、笑わせた。

 ここで改めて井上が「みなさん、本当にすいませんでした!」と深々と頭を下げたあと、この漫才をもって井上が仕事に復帰するということが石田から伝えられた。井上が「みなさんと石田のおかげです。これからもがんばりますんでよろしくお願いします」とあいさつすると、客席からは温かい拍手が起こった。