【オークス】ディアドラ馬なりで軽快 橋田師「左回りも問題ない」合格点


◆第78回オークス・G1(芝2400メートル、21日・東京競馬場)

 第78回オークス・G1(21日、東京)の出走馬18頭の枠順が18日、決まった。荒れ相場が続く東京競馬場のG1。今週の高配の使者はどの馬か? 吉村達、石野静香の東西の最前線で取材する両記者が“馬トーーク”で穴馬をあぶり出した。

 静香(以下、静)「関西の有力馬は外めの枠にそろいましたね」

 吉村(以下、吉)「せやな。桜花賞1、2着のレーヌミノルとリスグラシューは7枠でお隣同士。どちらの陣営も枠順に不安はなさそうやったわ」

 静「アドマイヤミヤビは、15番だった桜花賞に続いての外枠ですか」

 吉「問題はそれや。ゲートに難がある馬やから偶数枠はよかったけど、陣営はちょっとがっかりムードやで」

 静「外枠でも関係ないと思います! 枠順の取材で待っている間、田中清調教師が教えてくださったんです」

 吉「?」

 静「01年にオークスを勝ったレディパステルの話になって。13番スタートで出遅れて、がっかりしたらしいんですけど、見事に差し切りました」

 吉「東京は直線が長いからな。アドマイヤミヤビも決め脚はあるから、外枠で出遅れても挽回できるかも」

 静「展開はどうなりますか? 逃げ馬はいますか」

 吉「こっちでは、ヤマカツグレースの横山典騎手が行くんちゃうか、って声もある」

 静「初めての距離の馬ばかりがそろって、展開は読みにくいですね。ブラックオニキスの加藤和調教師は『行く馬がいなければ可能性はあるんじゃないか』って話していました」

 吉「なるほど。ソウルスターリングは1枠2番から前めにつけそうやな。他の先行勢はどうや?」

 静「フローレスマジックもいい枠を引きました。戸崎騎手がロスなく運ぶと思います」

 吉「最内のモズカッチャンもええで」

 静「勝ったフローラSも1番枠でしたよね!」

 吉「野田助手は『ロスなく運べるいい枠』って歓迎や。和田ジョッキーもイメージしやすいんちゃう」
タグ:オークス

【オークス】鮫島師「チャンス」3頭出しで悲願のG1初制覇、夢の実現へ



「オークス・G1」(21日、東京)

 開業18年目を迎えた鮫島一歩調教師(63)=栗東=が、3頭出しで悲願のG1初制覇を狙う。フローラSを勝ったモズカッチャンを筆頭に、忘れな草賞Vのハローユニコーン、デイジー賞で2勝目を挙げたマナローラがスタンバイ。02年のユウキャラット(3着)でつかめなかった樫のタイトルを獲りにいく。なお、出走馬18頭と枠順が確定。馬券は20日に前日発売される。

勢いはナンバーワン! モズカッチャンは好調キープ

 個性の異なる3頭で、念願のG1初Vに挑む。3連勝でフローラSを制し、鮫島師が「どんな競馬でもできる」と期待を寄せるモズカッチャン。忘れな草賞の覇者で「折り合えば切れる脚を使う」と自信を持つハローユニコーン。そして、デイジー賞で2勝目を挙げた「成長度では一番」と胸を張るマナローラ。桜花賞組と別路線を歩み、力をつけた3頭が既成勢力との逆転を狙う。

 開業18年目。重賞21勝を挙げているが、まだG1には手が届いていない。「馬に合わせて調整しているだけだから。早くから走る馬もいれば、8歳で重賞を勝ったキングトップガンみたいな馬もいるしね」。今回の3頭出しも、馬優先で調整してきた結果。その指針が揺らぐことはない。

 樫の舞台はユウキャラットで挑んだ02年の3着が最高着順。「あの時も忘れな草賞を勝って人気(2番人気)したけど、ハナに行けなくて。悔やまれる結果。リベンジしたいね」と静かに燃えている。

 「G1で2着が3回。なかなか獲らせてもらえないけど、今回はチャンスだと思う。クラシックで3頭出しもなかなかないこと。何とか頑張ってタイトルを獲りたい」と師。過去に3頭出しでオークスに臨んだケースは2回あるが、いずれも勝ち馬を輩出しており、データも勝利を後押しする。3頭それぞれが死力を尽くし、鮫島厩舎の夢を実現する。
タグ:オークス

あびる優 家事育児への不満爆発 ネット上で反響


タレント・あびる優が18日、自身のインスタグラムを投稿し、家事や育児への不満を爆発させた。また、「家事育児は女性がやって当たり前」という認識がまだまだ強い日本社会の意識改革を訴えた。ネット上には共感の声も寄せられている。

 あびるは2014年9月に格闘家の才賀紀左衛門と結婚。15年5月6日に第1子長女を出産している。この日はインスタに、才賀が長女を風呂に入れている動画とともに長文のメッセージを投稿した。

 「我が家は基本的に家事育児全般は私担当。娘はかわいいけど、やっぱり『なんで私だけ、、自由に眠れない、自由に外出できない、常に家事育児と奮闘しなくちゃいけないの、1人の時間がないの』って、心身の不満が爆発寸前もしくは爆発する時があります」と告白。「寝ても寝ても24時間眠い些細な事でイライラモヤモヤしてしまう、なぜか憂鬱な悲しいキモチになってしまう」こともあると明かした。

 「男性はお仕事やお付き合いを理由に何かと自由に、それも時間無制限で、外に出る機会も多く、それを羨ましくさえ思う私。また社会もそれが普通でしょ?的な見解を示してる事も多くて」と不満をつづった。
タグ:あびる優