アンタ柴田芸能界追放か


「アンタッチャブル」の柴田英嗣(34)が突如、長期休養に入ることが明らかになったのは今月1日のこと。

 所属事務所は体調不良を理由に具体的な病状などは一切明らかにしていない。そのため、女性問題説、暴力事件説、酒絡みのトラブル説などさまざまな憶測が乱れ飛んでいたが、発売中の女性誌「週刊女性」が“真相”をズバリと報じている。

 同誌によると、柴田の休養の真相はやはり女性問題。元カノとの不倫関係が現在の妻にバレたというだけにとどまらず、昨年末にその元カノが「柴田さんから命の危険を感じる脅迫めいたメールが1日30通近くも送られてきて怖い」「命を狙われかけた」と、警察に相談。警察から事実確認の連絡を受けた所属事務所がレギュラー番組を持つテレビ局と相談し、コトが公になる前に謹慎処分を下したということが、事情を知る関係者の談話として報じられている。

 現在、柴田はすでに自宅マンションから転居し、行方がわからず。柴田はレギュラー番組5本を抱える人気者だが、トラブルで“職場放棄”ならペナルティーは重い。

「突如、テレビから姿を消したのだから視聴者にも納得のいく説明が必要なはず。数カ月後に謹慎が解けたからといって再び芸能活動を再開できるのか。脅迫メールが事実だとしたら、芸能界追放もあり得ます」(芸能リポーターの川内朋子氏)

 柴田の女性絡みのスキャンダルは初めてではないが、今回は最悪。このまま芸能界からフェードアウトとなりそうだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。