長谷川京子:監督に「意味ないじゃん」とツッコミ、意外な趣味も 映画「大帝の剣」


女優の長谷川京子さんが7日、出演する映画「大帝の剣」(堤幸彦監督)の舞台あいさつに登場。宇宙人に寄生された姫君という役どころで「監督の指示で低い声で演じたのに、声が加工されていて……。『意味ないじゃん』とつっこみました」というエピソードを披露。堤監督は「『華麗なる一族』の長谷川さんに失礼しました」と謝罪した。

 「大帝の剣」は、夢枕獏さんの小説を映画化。主人公・万源九郎に阿部寛さん、謎の美剣士役で黒木メイサさん、忍者・佐助役で脚本家の宮藤官九郎さんも出演している。

 長谷川さんは「『戦隊もの』が好きだったので、(妖怪忍者役の)竹内力さんたちの特殊メークを間近で見て楽しかった」と意外な趣味を披露した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック