競馬の佑ちゃん最年少Vだ/皐月賞


<皐月賞>
 記録に残る勝利を−。藤岡佑介騎手(21)が、ナムラマース(牡、栗東・福島信)で皐月賞史上最年少Vを目指す。同馬とはコスモス賞、札幌2歳S、毎日杯でコンビを組み、3戦3勝と相性抜群。今年、重賞2勝の若武者が、G1の舞台で大きくはばたく。
 3月17日に21歳になったばかり。まだ、あどけなさの残る藤岡佑が、47歳安藤勝、38歳武豊に挑戦状をたたきつけた。「何とか負かしてやろうと思う」。戦う前から白旗は上げない。無敗フサイチホウオー、重賞V2アドマイヤオーラに真っ向勝負を挑む。
 前走の毎日杯は藤岡佑にとって負けられない一戦だった。札幌2歳S以来3戦ぶりのコンビ復活。単勝2倍の圧倒的支持。絶対に勝たなければいけない。自らプレッシャーをかけ、精神状態を極限まで追い込んだ。「さすがに緊張した。自分の元に戻ってきたということはもちろん、相手関係的にもここは負けられなかったから」。G1のつもりでレースを進めた。そして重圧に勝った。今回が3度目のクラシック騎乗だが、有力馬は初めて。「意外と緊張する性格」(藤岡佑)を考えた“予行演習”で度胸をつけた。
 目覚ましい活躍をとげる同期の存在も大きい。「去年、同期の2人に初めて勝ちクラを上回られて悔しかった」。2人とは栗東の川田と美浦の吉田隼。100勝達成は同期一番乗り。当然勝ち星もリードしてきたが、06年は藤岡51勝に対して、吉田隼60勝、川田59勝と後れを取った。今年の皐月賞では川田がモチに騎乗する。G1初勝利は譲れない。
 「弱いところがなく、体調に大きな波がないのがいいところ。力も付けているし、馬も自信を持ってきたみたい。僕はこの馬が一番強いと思って乗るし、せっかくチャンスのある馬に乗せてもらうんだから」。99年にテイエムオペラオーで優勝した和田竜二騎手が21歳9カ月だった。藤岡佑介がその記録を塗り替える。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38484441
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。