ホウオー1枠1番で父超えだ/皐月賞


皐月賞の枠順が12日に発表され、無敗制覇を狙うフサイチホウオー(牡3、栗東・松田国)は父ジャングルポケットと同じ1枠1番に決まった。スタートでつまずいて3着に終わった父の無念を晴らせるか。スプリングS勝ちのフライングアップルは8枠16番から逆転のチャンスをうかがう。馬券は13日から都内2カ所のウインズで前々日発売される。
 フサイチホウオーは、どこまで父と同じ道をたどるのか? 共同通信杯優勝、皐月賞直行のローテーション、そして1枠1番の枠順…。ジャングルポケットは01年の本番で一番最初にゲートに入らされ、長い時間待たされた末にスタートでつまずいた。これが致命傷となり、アグネスタキオンの3着止まり。抽選の前に松田国師は「内枠が欲しいが、1番はいりません」と笑いながら話していたが、皮肉にも、その1番が当たってしまった。「経済コースを通れる点と、悪い馬場を走らされる面のプラス、マイナスがどうなるか…。乗れているアンカツさん(安藤勝騎手)ですから、ペース判断は間違いないでしょう。とにかく、スタートを決めて早めにポジションを確保すること」。決まったことには抵抗できない。与えられた条件において、最大限まで努力するだけだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38610531
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。