松岡修造が初登場の「ゴチになります」を早退!岡村あきれる


30日に放送された日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン春の熱血ゴチ2時間SP」(後7時)で、人気コーナー「ゴチになります!」に元プロテニス選手でタレントの松岡修造(49)が初参戦した。
「ゴチになります!」は高級レストランでメニューの金額を見ずに料理をオーダーし、設定金額から最も遠かった参加者が全員分の代金を自腹で払うゲーム。ナインティナインの岡村隆史、矢部浩之にレギュラーの国分太一、二階堂ふみ、大杉漣、渡辺直美にゲストとして、松岡修造と綾野剛が参戦した。

 五ツ星ホテルのリッツカールトン大阪の超高級イタリアンを舞台に2万円に設定された。

 進行の途中で進行役の羽鳥慎一アナウンサーが「お気づきになりましたか」「実はですね。松岡修造さんはこの後、生放送のため東京へお帰りになりました」と発表。矢部は「後半、静かに食べられたしね。横、おらんようになって」とリアクションを避けていたことを明かした。

 すでにオーダーをすませていた松岡は「僕がリボーンして生まれ変わった修造人形を置いていくので、あとはよろしく」とメッセージを残し人形を置いていった。岡村は「修造さんに払わして、このまま帰れへん?」と提案。新幹線移動中の松岡に「実は最下位ですよ」と電話すると、松岡は「あっ、トンネル」と言って電話を切った。

 結果は1位は1万9900円のニアピンで国分、2位は2万1800円で大杉。そして3位は2万3400円で松岡だった。最下位争いは岡村と矢部が残り、岡村が2万8100円で7位、矢部が2万9700円で最下位となった。合計料金20万1600円を自腹で払った矢部は、同ホテルで結婚披露宴をあげていただけに「ここかな? 結婚式挙げたん」と嘆いていた。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック