亀田興毅氏、KO逃した暴走族の元総長は「強靭なハートで乗り越え、そして打ち返してきていた


プロボクシング元3階級王者、亀田興毅氏(30)が10日、ブログを更新。7日に行われたAbemaTV開局1周年記念スペシャル企画「亀田興毅に勝ったら1000万!」で、一般公募で選ばれた暴走族の元総長ユウタ(33)との試合を振り返った。

 「最後に登場した漢は会見の時からヤル気満々!! 会見場には特攻服で堂々と乗り込んできて全身にはアート。そして いきなりメンチ切り」と1日に行われた調印式でにらみ合いを展開し、「何のオーラも感じなかった」と吐き捨てた相手に苦笑いを浮かべた。

 3分3回で対戦したがKOできず、興毅氏にとっては不完全燃焼の形で終わった。「聞くところによると総合格闘技の経験があって、全くの素人という訳では無かった。4試合目とあってなかなかの疲労感と足が攣っていて動けない中でのユウタ選手はキツかった…」と分析した。

 また「彼は格闘技経験者だけあってダメージを軽減させる打たれ方をわかっていて、最低限の戦い方がわかっていた。ボディブローなども実際に入っていたが強靭なハートで乗り越え、そして打ち返してきていた」と楽な挑戦者ではなかったことを強調。続けて「対峙して彼を支えるバックボーンが見えてきて、彼もまた暴走族総長という背負うものがあった。この日戦った4人の選手それぞれに背負うものがあり凄まじい気迫、闘争心を感じた」と評価した。

 そして「やはり背負うものがある人は強い!この日の自分は『ボクシング』というものを背負って戦った。ボクシングの素晴らしさを伝えるという気持ちだけで。拳を交えた者同士に背負うものがあり、そこにドラマが生まれる。だから見てる人の心に響くのではないかと思う」と競技の魅力を訴えた。

 興毅氏は2014年2月から、国内で試合ができない状態が続き、15年10月に現役引退。今年1月に日本ボクシングコミッション(JBC)からトレーナーライセンスを交付され、日本ボクシング界復帰を果たしていた。
タグ:亀田興毅
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック