佐賀北を優勝に導いた心技体


最後まで冷静さを失っていなかった。満塁本塁打が出ても、優勝まであとアウト3つに迫っても。
 
 佐賀北高の9回表無死一塁での守り。広陵高・岡田淳希の送りバントは一塁前に転がった。一塁手の辻尭人はダッシュしてこの打球をつかむと、一塁に送球せず、打者走者にタッチしに行った。
「(走者が三塁に)行くとは思いませんでした。でも、(送球すれば)一塁ベースまで(ボールが)行く間に(三塁に)行かれるかも知れない。タッチの方がいいと思いました」
 バントと同時に好スタートを切っていた一塁走者の林竜希は、三塁ベースが空いているのを見て、ノンストップで三塁へ。一瞬気づくのが遅れた辻だったが、慌てて三塁ベースに戻った副島浩史に冷静に送球。間一髪で林を刺した。
「タッチして終わりじゃない。次のプレー(が大事)だと意識していました。甲子園でも、日ごろの練習でやっていることを出すだけ。落ち着いて投げられました」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52476579
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。