沢尻エリカが変わった!?


“女王様”が意外な一面を見せているようだ。今月29日公開の「クローズド・ノート」で主演している沢尻エリカ(21)である。

 この映画は沢尻と竹内結子(27)が共演していることで話題の作品。女優にモテモテの伊勢谷友介がキーマンになっていて、一冊のノートを巡って悲しいラブストーリーが展開される。沢尻と竹内は同じ所属事務所の先輩、後輩ながら、どちらも気の強さでは負けていないだけに、撮影の時からバチバチ火花を散らしていたといわれ、話題になっているのだ。

 だが、実際は2人の絡みは少なく、見どころは沢尻そのものとか。

「この映画の沢尻は“生意気キャラ”とはまったく異なる教師志望の女子大生を演じています。映画を見たら“こんなエリカ様は初めて”と誰でも思うはずです。物語は泣けるシーンが多くて試写室でもすすり泣きが聞こえていましたね。『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督の作品ということもあるけど……」(映画ライター)

 沢尻はこの映画を機会に生意気キャラからイメチェンしようとしているフシもある。発売中の月刊誌「日経エンタテインメント」でも「『エリカ様』など微塵(みじん)も感じさせない」と書かれ、本人も「周囲には本当にいいスタッフがいてくれる」などと殊勝なのだ。

 この映画で沢尻の評価が大きく変わる可能性も出てきた。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55209434
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック