祐一通算900勝父福永洋一へあと82


福永祐一騎手(30)が現役10人目、史上27人目となるJRA通算900勝を達成した。6日の京都9Rりんどう賞で、騎乗した1番人気のエイムアットビップ(牝、栗東・矢作)が1分21秒0で逃げ切り勝ち。96年のデビュー以来8017戦目での記録達成を決めた。JRA重賞は62勝で、G1は99年の桜花賞(プリモディーネ)、今年のオークス(ローブデコルテ)など13勝。福永は「大きなケガもあったけど、たくさんの方の支えがあって、ここまでこれた。父の通算勝利数が見えてきたのも不思議な感じ」と感慨深げだった。天才ジョッキーと評された父洋一元騎手の通算勝利数は983勝。同日12Rも制して、偉大なる父まであと82勝に迫った。
 なお、2連勝を飾ったエイムアットビップについて福永は「ほかの馬にとっては速くても、この馬はマイペース。まだ余裕があったね」と評価した。次走は未定だが、阪神JF(G1、芝1600メートル、12月2日=阪神)が有力視されている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59355368
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。