皐月賞/得意の中山で! チャールズの躍動に期待


皐月賞に関していえば、私は大きな波乱はないと考えています。その理由として、現時点ではマイネルチャールズの力がやや抜けているように感じるからです。

陣営は早くから皐月賞を意識してのローテーションを組み、チャールズは見事にその期待に応えてきました。この世代、唯一の重賞2勝馬で、いまだ中山2000mの舞台では4戦3勝2着1回と、連対を外していません。この安定感のある走りは素直に評価をしなければならないでしょう。1戦ごとに折り合い面での上達を見せ、持ち前の勝負根性がより活かせる走りができるようになったのも魅力です。

 また、コンビを組む松岡くんは昨年の皐月賞、サンツェッペリン2着での雪辱に燃えています。クラシックを勝つには、実力だけではなく運も必要となってきます。マイネルチャールズ陣営は、運を手繰り寄せるだけの準備はしてきたはずです。後は、“人事を尽くして天命を待つ”といったところでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。