皐月賞


大外枠に入ったショウナンアルバに期待する。金曜発売での1番人気にはびっくりしたが、能力なら世代NO・1とみる。
 今回のポイントは折り合いの1点に集約される。1週前の追い切りでは蛯名騎手が手綱を取り、馬なりの調整。古馬を相手にジワリと並びかけた。道中の折り合いも完ぺきだった。今週も古馬を先行させて2頭の間に入り1頭に先着、もう1頭には半馬身遅れ。併せ馬の遅れはむしろプラス。一気に突き抜け、戦闘モードへのスイッチは入れていない。ここまでは闘志を内に秘めた絶好の調整過程だ。
 デビュー戦は偶然、福島競馬場で観戦できた。スタートで後手を踏み、勝負どころでは物見して掛かった。直線ではタケショウオージの決め手の前に2着に敗れたが、能力の一端は見せた。勝ち上がった未勝利戦は持ったまま進出し、上がり3ハロン34秒0。平たんの新潟だったが、G1級の能力を確信した。



タグ:皐月賞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。