ウオッカは負けてはいけない/Vマイル


ヴィクトリアマイル
 「私に任せて」の和田美保は、ウオッカの底力に期待した。ドバイからの帰国初戦になるが2週続けて併せ馬を消化したように、力を出せる仕上がりだ。東京はダービーを勝った験のいいコース、しかも5戦4勝のマイル戦。ダイワスカーレット不在の牝馬G1で負けるわけにはいかない。
 ドバイ帰りだろうが、久々のマイル戦だろうが、ウオッカは負けない。ここで負けてはいけない。
 ◆東京コース ジャパンCの時、四位騎手がこう言っていた。「東京だとはじけ方が違う」。阪神JFを勝っているウオッカは、完全なサウスポーではない。ただ、得手、不得手はある。ダービーを思い出して欲しい。坂の上りで中団からワープしたように伸び、あっという間に先頭に立つと、追えば追うほど伸びて行った。上がりは33秒0という驚異的な末脚を披露した。ジャパンCでも4着に敗れたとはいえ、上がり33秒6。この舞台ではでは不発がない。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。