『時効警察』好調、ナイトドラマ最高視聴率へ


全17作と異例のラッシュとなった今クールの連続ドラマだが、視聴率20%突破タイトルが未だ登場せず、全体の7割にあたる12作が初回がピークという苦戦が続いている。そんななかで『帰ってきた時効警察』が第6話(5/18放送)で13.5%とこれまでの最高視聴率をマーク、週間ドラマランキング(5/14〜20の1クールドラマ)では初のTOP5入りと絶好調だ。

 前作からのコアファンが多い『時効警察』のシリーズ第2弾となる今作。放送前から期待する声が多く集まっていたが、初回は深夜時間帯としては異例ともいえる12.8%の高視聴率を記録。その後も10%を切ることなく推移し、第6話ではついに13%を突破した。前作と比べても、ひとひねりあるストーリーがコアファンを飽きさせず、雑誌やネットなどでの話題や口コミなどで新たなファンも獲得しているようだ。

 これまでにもテレビ朝日系金曜23時台の金曜ナイトドラマからは、シリーズ化され映画版も大成功を収めた『トリック』や、今年3月に17.0%という特筆すべき高視聴率をマークした『特命係長・只野仁』など、ヒット作が多く誕生している。

 これまでの同枠ドラマの最高視聴率は、前述の17.0%だったが、今回の『帰ってきた時効警察』はそれに迫る勢いをみせている。この先、最終話に向けてさらに数字は伸びていくことが予想され、新たな記録を打ち立てることが期待される。

辻希美に妊娠&結婚報道、お相手は俳優の杉浦太陽


 元モーニング娘。の辻希美と俳優の杉浦太陽が近く結婚することが、本日発売の一部スポーツ誌で報じられている。

 報道によると、辻は現在、妊娠2ヶ月で交際は昨年からスタートしたという。辻は4月24日に時東ぁみ、ギャル曽根とのギャルメーク&ファッションの新ユニット“ギャルル”をお披露目したばかりだったが、今月5日(土)に開幕した舞台『何日君再来(イツノヒカキミカエル)』は体調不良を理由に降板していた(代役は6日にモーニング娘。を卒業した吉澤ひとみ)。また同28日、30日のファンクラブイベントも中止となるなど、復帰次期は未定だった。

 お相手の杉浦は、1998年にドラマ『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』でデビューした若手俳優で、2001年に主演ドラマ『ウルトラマンコスモス』で脚光を浴びた注目株。実弟で俳優兼ミュージシャンの杉浦太雄(たかお)と共に“Ex.Bold(エクスボールド)”というユニットでCDデビューも果たしている。

 このまま2人が結婚すれば、歴代のモーニング娘。では、1期の石黒彩(夫は元LUNA SEAのドラマー真矢)、2期の市井紗耶香(夫は自身のユニットCUBIC-CROSSのギタリストだった吉澤直樹)に次いで3人目。杉浦は、5月12日(土)公開の映画『0(ゼロ)からの風』に出演する。

 なお、今朝の段階では両者所属事務所ともに「事実関係を調査中」としている。

柴咲コウ、“舞妓姿”での登場を予告!


柴咲コウ、堤真一らが5月8日(火)、東京・六本木ヒルズで行われた映画『舞妓Haaaan!!!』(6月16日公開)の完成披露試写会に出席。初めて舞妓の世界を体験し、その魅力にどっぷりハマったという柴咲は、公開初日に自前の着物姿での登壇を予告した。

 阿部サダヲが映画初主演、人気脚本家・宮藤官九郎が脚本と、パンクコントバンド『グループ魂に柴咲コウが』で完全サポートした今作。決してオープンではない舞妓の世界を描き出している。

 1体100万円するという自身のマネキンと共に舞台に立った柴咲は「似てない!気持ち悪い〜」と苦笑しつつも、舞妓と着物にすっかり魅了されたようで「(映画で着用した)着物の色違いを購入しました。ぜひ、公開初日に着たいですね!」と予告。
 また劇中で野球拳を楽しむプロ野球選手役で出演する堤は「お金をもらっていいのかな?というくらい楽しい撮影でした。でもこのキャラは脚本に書かれていたのでしょうがなくやりました(笑)」と言い訳しつつも、キャラの新境地開拓に満足げな表情をみせた。

細川ふみえ、挙式騒動は「リハーサル」と強調


今週発売された写真週刊誌で、妻帯者で不動産会社社長とサイパンで結婚式を行ったと報じられたタレント・細川ふみえが29日(日)午前、TBS系『サンデージャポン』に生出演。真相を語った。

 番組のなかで細川はまず、結婚式について「写真集を出版する予定があり、その“リハーサル"だった」とコメント。だが、既報どおり指輪交換や結婚証明書にサインをしたことに関しては「(通常の結婚式と)同じことをやりました」と認めた。

 サイパンへの渡航に関しては彼女自身、相手側の“社員旅行"の参加者の1人として同行したため、通常出版社などが負担する旅費は不動産会社側が持ったことも明かし、さらに両親にも「世間話の一つとして」と前置きしながらも、結婚したと報告。「(結婚式は)形だけでも嬉しかった。ウソではないですしね」とコメント。番組のレギュラー出演者・テリー伊藤氏から「こういう子がいてもいいんだよ!」とフォローされると「感謝します」と頭を下げていた。

土屋アンナ、彼氏ができれば変わる・・・


日本とロシアの文化交流をはかる『ロシア文化フェスティバル2007 in JAPAN』の開催記念記者会見が27日(金)に都内ホテルで行われ、プログラムの1つである『Russian Young Generation Program 2007 in JAPAN』のアンバサダーとして、土屋アンナが任命された。

 黒地に鮮やかな朱色の竹をあしらった、見事な着物姿で登場した土屋は「今まで日本の中で仕事をしてきましたが、今回ロシアと日本をつなぐ仕事ができて嬉しい!」と笑顔で挨拶。そして、幼い頃にバレエやフィギュアスケートを習っていたことを話し「ロシアには行った事がないけど、建物やバレエの衣装とかアート面で興味があります」と目を輝かせて話した。

 また、左手薬指にしていた大きな指輪について突っ込まれると「アンナっぽさを残したの。お守りなんです」とニッコリ。そして自分から「彼氏はいません。この指輪はいつも付けているので、もし変わったら(彼氏が)“出来た!”と思って」と笑顔で報道陣にアドバイス(?)していた。

キムタク、ビョン様に「Sorry」


SMAPの木村拓哉(34)が主演する映画「HERO」(鈴木雅之監督、9月8日公開)の韓国・釜山ロケが報道陣に公開された。共演の松たか子(29)、韓国人俳優イ・ビョンホン(36)も撮影に参加した。

 木村は26日に釜山入りし、会見後に深夜までアクションシーンを撮影。「手応えというより、筋肉痛」と苦笑いしつつ、この日も午前8時から、釜山の船着き場で撮影に臨んだ。事件のカギとなる車を海からつり上げるシーン。喜ぶ検事(木村)と担当事務官(松)のもとに、捜査を助けた韓国のエリート検事(ビョンホン)が現れ、握手を交わすもの。

 初の海外ロケに木村は「現場の雰囲気はセリフを覚えることより大事。作品にも(雰囲気は)絶対でちゃう。大切以上のもの。当然と思うからこそ、神経質になる」雰囲気作りを気にかけており、合間にはビョンホンに英語で「時間がかかってゴメンね」と気遣う場面も。同作は韓国を始め台湾、香港の配給会社からオファーが届いており世界公開に向け順調だ。

ドラマ初回視聴率、『冗談』と『プロポーズ』が激戦


4月の2週目から続々とスタートしたこの春の連続ドラマ。1クールのタイトル数を前クールと比較すると、全体で14→17作と3作の増。異例のタイトル数となり、さらなる激戦が予想される今クールだが、その初回視聴率が出揃った。まずトップに立ったのは、『華麗なる一族』と同枠でスタートした『冗談じゃない!』だ。

 今クールの連続ドラマの初回視聴率が出揃い、大激戦となったそのランキングを制したのは、前クールの大ヒットドラマ『華麗なる一族』と同じ日曜21時の枠でスタートした『冗談じゃない!』(19.4%)。『ラストクリスマス』(04年10月期)以来の連ドラ出演となる織田裕二と、『のだめカンタービレ』(06年10月期)で一躍大人気を集めた上野樹里が出演。上野にとっては『のだめ〜』の初回18.2%を上回る好スタートとなった。

 そして、同じく高視聴率でスタートしたのが、山下智久と長澤まさみの主演で話題を集めるフジ月9『プロポーズ大作戦』(19.3%)。2年ぶりの共演となるふたりのラブコメディーは、10代を中心に若年層の支持を集めており、一時代を築いた月9からの大ヒットへの期待がかかる。

 これに続くのが『バンビーノ!』(16.6%)。連載中の同名人気コミックが原作で、俳優としての評価がうなぎのぼりの松本潤の主演も注目を集めている。初回放送の4月18日(22時)は、社会的な大事件(長崎市長の銃撃事件)が発生し、裏番組ではサッカーの北京五輪2次予選「日本VSシリア」が中継されていたことなどが要因となり、数字は伸び悩んだようだ。2話目からの動向に注目したい。

辻希美、加護に「残念」。新ユニット結成へ!


 辻希美が、時東ぁみとギャル曽根の3人で新ユニット“ギャルル”を結成、4月24日(火)に土浦で行われたイベントに特別出演を果たした。会見で加護亜依について問われた辻は「残念。個人で頑張ります!」と力強く答えた。

 メイクもファッションもギャルに扮して登場した3人は、それぞれ“つじじ”(辻)、“ぁみみ”(時東)、“そねね”(ギャル曽根)としてパラパラギャルユニットを、ギャル社長・藤田志穂のプロデュースのもと始動。

 姉の影響でギャルに以前から憧れていたという辻は「このメイクで街を歩きたい。センター街とかいいですね。その時は“つじじ”と呼んでほしい」とお気に入りの様子。時東は「ギャップを楽しんでほしい。あと、眼鏡ははずせません」と語り、ギャル曽根は「これからさらに変わっていきます」ととびっきりの笑顔でアピールした。

 なお、喫煙問題で解雇処分になった加護について辻は「あいぼん(加護)が東京に上京した時は頑張るぞと思っていたので、(あの騒動は)残念だった。自分自身としては“ギャルル”をイチからやって、“辻希美”として頑張っていきたい」と心境を語った。

蒼井優に激ヤセ疑惑!? 売れっ子女優に心配の声


 24日、2006年度に発表されたDVDとビデオソフトの中から、特に人気を集めた作品を表彰する「第20回DVDでーた大賞 授賞式」が都内ホテルで行われた。

 会場の注目を一身に集めたのは「ベスト・タレント賞」を受賞した、まさに今“旬”の女優、蒼井優。蒼井は、2006年にDVDリリースされた出演作品が『星になった少年』『男たちの大和 YAMATO』など6本、映画は『ハチミツとクローバー』『フラガール』など4本、ほかにテレビドラマや現在公開中の『蟲師』を合せると、昨年から今年にかけて12本もの映像作品に出演する売れっ子ぶりで、その活躍が評価されての受賞となった。

 だが、注目を集めたのは華々しい活躍ではなく、その細さ。2歳のころから続けているというバレエのおかげで、身のこなしや立ち姿の美しさはいうまでもないが、首から顔にかけて以前よりどことなくほっそりしたように見えた。清楚(せいそ)な魅力を引き立てるブルーのドレスも、ウエストを締めないふわふわした形なのは、まるで体型を隠しているようだった。

 司会を務めたフジテレビの笠井信輔アナウンサーも少し心配気味に「仕事はどうやって選んでいますか?」と質問。すると蒼井は「事務所と相談して選んでます」と仕事は、きちんとスケジュール管理されているらしい。

藤原紀香、“女磨き”の決め手を告白!


女優・藤原紀香が23日(月)、都内でエステサロン『ミスパリ』の新CM発表会に登場。自ら趣味と告白した“女磨き”の決め手を語った。

 今月28日(土)よりオンエアされるCMは、「スクール篇」「サロン篇」の2パターン。ともに、抜群のプロポーションの彼女が、惜しみなくセクシーな姿を披露し笑顔でPR。“エステ通”らしさをみせるCMに仕上がっている。

 来月30日には陣内智則との披露宴を控えている彼女。まさに“最強のセクシー人妻”というフレーズがピッタリだが、その秘訣は「部分やせ集中コースと、一番人気のトリプルバーン!」。世の多くの女性が気にしているむくみを取り、引き締める施術後は「まるで運動した後のようにスカッとするんです!」とご満悦。
 最後は黒のセクシードレスで「日本が美容大国になるように頑張ります!」とコメントした。

後藤真希が事務所のあの子にダメ出し!?


後藤真希が初座長を務める舞台『横須賀ストーリー』(4月24日より)の稽古取材が4月23日(月)に東京・足立区THEATRE1010で行われ、坂本あきら、魁三太郎とともに登場。会見で後藤は“憧れの人”について語った。

 今作で双子を1人2役で演じる後藤は「最初はさっぱり訳がわからなかった。でも、育った環境が違うので声のトーンとか言い方を意識。あと(2人の違いは)眼鏡をかけたり、ホクロがあったりするんですけれど、ホクロが真っ黒なので、公表するのが恥ずかしい」と苦笑い。
 また、本番では「声や足が震えるかも」と弱音も漏らしたが、父親役を演じる魁は「確実に後藤さんの涙が観れます。見所です」と語り、演技力を絶賛した。

 なお、後藤は同じ所属事務所で今回共演する里田まいに対し「必ず何回か間違えるんです。彼女は自由人になってますね」とダメ出し。座長としての姿もみせた。

 そして劇中で山口百恵の名曲「横須賀ストーリー」を歌う後藤は「山口さんはカッコイイ。オーラも凄いし、憧れますよ。画面から伝わってくるパワーも見習いたいです」と目を輝かせた。

優香が背中で語る美肌のヒミツ


タレントの優香(26)が25日発売の女性誌「anan」(マガジンハウス刊)のダイエット特集で、美肌を大胆披露した。

 「愛らしくセクシーに進化中! 優香のカラダの秘密に迫る」と題し、表紙と4ページにわたり、なめらかな背中をあらわに、チャーミングなおへそ周りも全開。グラビアでもまだまだ活躍中の優香だが、ここまでのギリギリ露出は00年4月の写真集以来となる。

 ダイエットは同誌の人気企画で、今回は女性らしい柔和なボディーの優香がひと肌脱いだ。3月の肌寒いベランダでの撮影にも笑みが絶えなかったという。

 「太りやすい体質」という優香のボディーケアは〈1〉ストレスをためない〈2〉簡単エクササイズ…など自然体。

 入浴は「ゆっくり長め」を心がけているという。

多田との離婚の真相


歌手の宇多田ヒカル(24)と3月2日に離婚した映像作家の紀里谷和明氏(39)が24日発売の雑誌「ゲーテ」(幻冬舎)で、初めて離婚について言及した。“最初で最後”と断り、同誌に連載中のコラムで触れた。

 一部で報道されたヒカルの父親・宇多田照實氏(58)との確執説は全面否定。その上で「ギリギリのレベルで仕事をするお互いの性質が、そのまま家庭に持ち込まれ、その状況下で彼女は宇多田ヒカルと宇多田光(本名)の切り替えができずに苦しんでいるようだった。次第にお互いの距離がうまくとれなくなった。(中略)ある意味、もっといい加減に彼女に接することができれば良かったのかもしれない」とつづり「人として、そして芸術家として、それが僕にはできなかった。結局それが自分の不徳のいたす所だと思う」と述べている。

ゴリ、観月ありさとの入浴シーンに思わず…!?


舞台設定を“銭湯”に一新してスタートする『鬼嫁日記 いい湯だな』の制作発表が4月16日(月)、都内スタジオで行われ、主要キャストの観月ありさ、ゴリ(ガレッジセール)、蛯原友里、高知東生、野際陽子、加藤茶らが今作の見所を語った。

 「“2”になって“よりパワーアップした”」と見所を語ったゴリは「喜ばしいことかもしれないんですが、精神的な傷や目に見える外傷が増えるのかと思うと…」と弱気発言。さらに「プライベートも鬼嫁。家の湯に使っていると僕の体毛が水面に浮くんですけど、『ビーバーの巣か!?』と怒られる」と自らの鬼嫁日記も披露し、笑いを誘った。

 一方の観月は「今回は夫婦的なシーンが増えた」とゴリとの入浴シーンがあることも明かすと、ゴリが「同じ湯に使っていたので、こっそり飲もうかと思った」と暴露してしまい、観月をはじめ、蛯原や野際に非難の目で見られてしまう場面も。

 また、5年ぶりにドラマ復帰した加藤は、ゴリから「アドリブを言う。セリフ少ない上に噛むし。タチが悪い」とジョーク的な指摘をされると「俺、まだ直ってないのよ」と笑いながら元気な姿をアピールした

降板紀香の代役に山口紗弥加


女優山口紗弥加(27)が、藤原紀香(35)に代わって、舞台「ささやき色のあの日たち」(8月5日開幕、東京・シアターコクーン)のヒロインを務めることが15日、分かった。紀香は上演期間と同時期に海外の仕事が重なり、スケジュール調整ができず降板していた。
 同舞台は岸谷五朗(42)と寺脇康文(45)が94年に結成したユニット「地球ゴージャス」のプロデュース最新作。岸谷が作、演出、主演の3役を務めている。95年から公演を始め、歌やダンス、アクション、笑いなどを織り交ぜたエンタテインメント性の高いステージが人気を集めてきた。今年で9回目の開催となり、これまでヒロインは小泉今日子(41)工藤夕貴(36)らが務めてきた。
 紀香の降板を受けて制作側は、演技力、表現力のある女優を求めて選考を進めてきた。「エレクトラ」で蜷川幸雄氏、「オイル」で野田秀樹氏という人気舞台演出家が手掛けた作品への出演経験がある山口に白羽の矢が立った。山口は「大好きな舞台で、初挑戦となる歌を歌えることがとてもうれしく楽しみです。ゴージャスな夏を思いきり堪能したいと思います」と抱負を語っている。
 主演は岸谷と北村一輝(37)。山口は2人の男の人生に圧倒的な存在として君臨する女性を演じる。

『華麗なる一族』に続く『冗談じゃない!』も高視聴率


先週より続々とスタートした春の連続テレビドラマ。その初回視聴率が出揃ってきているが、4月9日(月)から15日(日)の期間では、TBS系『冗談じゃない!』(日曜21時〜)が19.4%の高視聴率を獲得。同期間でトップの成績となった。前クールで平均視聴率、最高視聴率ともにトップを獲得した大ヒットドラマ『華麗なる一族』(平均:23.9%、最高:30.4%)と同じ枠でスタートした『冗談じゃない!』だが、春ドラスタート1週目で19.4%の高視聴率をあげた。
 2年半ぶりに連続ドラマに主演する織田裕二、20歳年下の婚約者役の上野樹里、そして彼女の母親役に大竹しのぶ。この3人のハーモニーがこの先も見物のホームドラマだ。大成功を収めた『華麗なる一族』に続き、『冗談じゃない!』も好スタートを切っている。

 そのほかでは、日本テレビ系『喰いタン2』(土曜21時〜)が16.2%、フジテレビ系『花嫁とパパ』(火曜21時〜)が14.9%、フジテレビ系『わたしたちの教科書』(木曜22時〜)が14.2%と好視聴率を獲得している。

押尾学に不倫疑惑!OL宅を訪問


「LIV」のアーティスト名で活動する押尾学(28)に“不倫疑惑”が12日浮上した。今月上旬、都内に住むOL宅を訪問し、2時間ほど滞在した様子を、13日発売の雑誌「FRIDAY」(講談社)が報じている。押尾は昨年の11月に女優の矢田亜希子(28)と電撃結婚。結婚前から2人で海外旅行に出かけるなどオープンな交際でゴールイン。それからわずか5カ月での疑惑浮上となった。

 押尾の所属事務所は「不倫ということはございません。訪れたのは友人の彼女の家で、友人と彼女が一緒にいるところに押尾が遊びに行ったものです」と否定。押尾は現在、米ロサンゼルスを拠点に音楽活動をしているとされるが、今後の具体的な予定は「未定」(所属事務所)という。

山本梓、恋愛相談“相手”募集中!


 タレント・井上和香と山本梓が10日(火)、都内で行われた映画『名探偵コナン 紺碧の棺』(4月21日公開)の試写会に“公認応援団”として出席した。

 シリーズ11作目にして初の芸能人ファンによる応援団を結成。エンドロールでも名前が流れることに井上は「コナン君は家族と同じぐらい大好き!アニメから応援していますが、上映されても姉と一緒に3回は行きますね!」と笑顔でアピール。

 同じコナンファンとして、井上とは“師弟関係”になる山本梓も「コナン君の妹になって、恋愛相談をしたい!」と、恋心を素直に告白できる相手を必死に(!?)探していた。

藤原紀香、ちょっとだけ想像力をもって…


毎年5月8日の世界赤十字デーにあわせてキャンペーンを展開する日本赤十字社では、今年の広報キャラクターに藤原紀香を起用したことを発表した。

 自身も阪神大震災の被災体験があり、ボランティア活動を積極的に行っている彼女は、赤十字運動月間キャンペーンの広報キャラクターに起用された。「ちょっとだけ、想像力をもってください。」をキャッチコピーに、世界赤十字デーの5月のみならず、年間を通して赤十字活動への理解と協力を呼びかけていく。

 なお、5月上旬には都内にてオープニングイベントの実施が予定され、テレビ、ラジオ、新聞、交通広告などを通してキャンペーンは幅広く展開される。

キングコング梶原できちゃった再婚


お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太(26)が、かねてから交際中の元モデルのAさん(21)と6月にも再婚することが11日に明らかになった。12日発売の女性週刊誌「女性セブン」が報じている。
 同誌によれば梶原は、昨春に当時ファッション誌で読者モデルとして活躍していたAさんと出会い、その後、梶原の自宅近所にあるスーパーやコンビニなどで仲良く買い物をする姿が何度も目撃されていた。既にAさんは妊娠しており、2人は今年1月から都内のマンションで新生活をスタートさせているという。
 梶原は03年2月から神経性胃炎などで3カ月間、仕事を休養。その間、献身的に看病してくれた家事手伝いの女性と3月に入籍したが、梶原の浮気が発覚して04年4月にわずか1年1カ月でスピード離婚した。05年には女優・酒井若菜と東京ドームでのデートを写真誌に撮られていた。