浅尾美和、髪型をチェンジしながら勝ち上がった


 “妖精”と呼ばれる浅尾美和、見てくれの良さを捨てて勝負にこだわった。15日、東京都港区・お台場ビーチで開催されたビーチバレーの国内ツアー第4戦「東京オープン」に登場した浅尾美和(21=ケイブロス)。3試合目の段階になって、前髪が乱れないように“オデコを全部露出した”髪型に変更してコートに現れた。「(周りには)『可愛くない』と言われたが前髪が邪魔だった」。浅尾は、なりふり構わずゲームに集中した一面を見せた。

 パートナーの西堀健実(26=ケイブロス)も今大会、必死になっている思いを口にした。「5月のお台場大会では非常に悔しい思いをした。明日もこのまま勝ち続けたい」とスタンド席に向かってアピール。まだ追い越せていないトップ2のチームを打ち破って、悲願の初優勝を目指すことを宣言した。その優勝を争う最終日、そのトップ2の一組、小泉栄子/田中姿子(ともにフリ―)組が対戦相手。“万年3位”というレッテルが打破されるか、注目される。
タグ:浅尾美和

浅尾美和、髪型をチェンジしながら勝ち上がった


“妖精”と呼ばれる浅尾美和、見てくれの良さを捨てて勝負にこだわった。15日、東京都港区・お台場ビーチで開催されたビーチバレーの国内ツアー第4戦「東京オープン」に登場した浅尾美和(21=ケイブロス)。3試合目の段階になって、前髪が乱れないように“オデコを全部露出した”髪型に変更してコートに現れた。「(周りには)『可愛くない』と言われたが前髪が邪魔だった」。浅尾は、なりふり構わずゲームに集中した一面を見せた。

 パートナーの西堀健実(26=ケイブロス)も今大会、必死になっている思いを口にした。「5月のお台場大会では非常に悔しい思いをした。明日もこのまま勝ち続けたい」とスタンド席に向かってアピール。まだ追い越せていないトップ2のチームを打ち破って、悲願の初優勝を目指すことを宣言した。その優勝を争う最終日、そのトップ2の一組、小泉栄子/田中姿子(ともにフリ―)組が対戦相手。“万年3位”というレッテルが打破されるか、注目される。
タグ:浅尾美和

浅尾、西堀組は3位


ビーチバレー女子のマーメイドカップ第3日は25日、神奈川県鵠沼海岸で行われた。浅尾美和、西堀健実組(ケイ・ブロス)は、前回準優勝の楠原千秋(湘南ベルマーレ)、佐伯美香(ダイキ)組に2−0(21-13、21-16)のストレート負けを喫し、3位で大会を終えた。
 前回優勝ペアの小泉栄子、田中姿子組(フリー)は、浦田聖子、鈴木洋美組(レオパレス・ウィンズ)から2−1(17-21、21-15、15-11)の逆転勝利をおさめた。
 大会は、3戦全勝の楠原、佐伯組が優勝。そのほかの3組は1勝2敗で並んだが、セット率で勝った小泉、田中が2位、得失点差により3位は浅尾、西堀組、4位は浦田、鈴木組となった。

 また、男子のビーチバレージャパンは決勝トーナメント3、4回戦、敗者復活戦が行われ、前回優勝チームの朝日健太郎(フリー)、白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組ほか4チームが翌26日の準決勝に進出した。
タグ:浅尾