佐藤江梨子、松山ケンイチとのキスは「息を止めていた」


■その他の写真はこちら

 タレントの佐藤江梨子が9月4日(火)、都内で『ユニクロ 2007 秋冬コレクション × チャリティオークション』にスペシャルゲストとして登場。松山ケンイチと共演したTVCMの秘話を披露した。

 松山の手をとり、自分のおしりのポケットに入れるなど大胆な行動で注目されているCMの撮影は「緊張しました。キスはしてません! 息を止めていたので、カットがかかってすぐゼーハーしちゃったので、松山くんに嫌われたな」とポツリ。

 そこへ松山からのビデオメッセージが流れ「(撮影は)朝から天気が悪くて、初めてなのに『松山くんのせいだ』と言われ、すごい人だと思った」と現場での会話をバラされると「『俺、雨男なんで』って自分で言ってたので、松山くんのせいにしちゃおうってなったんです」と必死に弁解していた。

 そんな佐藤は自身のサイン入り『ワイドレッグジーンズ』と『プレミアムダウンジャケット』をチャリティオークションに出品。「30年仕事してきて、やっと今なら人の役に立てれるようになった」と話した夏木マリはサイン入り『ドレストレンチコート』を出し、お笑いコンビ・エレキコミックはサイン入り『レギュラーフィットストレートジーンズ』を出品し「一生懸命洗えばサインが落ちると思います」と謙虚な姿勢で笑いを誘っていた。

 なお、今回のチャリティオークションの収益金は、ユニクロからの寄付を加え、日本UNHCR協会からUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)を通じてアフリカにおける難民教育プログラムの活動資金として活用される。

タグ:佐藤江梨子

佐藤江梨子「私、ムダにモテるんです」


佐藤江梨子が「私、モテるんです」発言。8月24日(金)に放送されたTOKYO FM『よんぱち 48Hours〜WEEKEND MEISTER〜』に出演したサトエリが、過去の恋愛話や今後の恋ついて語った。

 主演映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を、同番組パーソナリティの鈴木おさむから「ハマリ役」と大絶賛された佐藤は「(演じた)澄伽ちゃんに共感してる方が多くて」と嬉しそうに話し、嫉妬深い役に「私、やきもち妬きに見えます?」と苦笑い。

 今は仕事や小説の執筆活動が多忙で「恋愛する事は考えられない」という佐藤だったが、「私、ムダにモテるんです」と激白し、周りの芸能人がモテないと言うのは「絶対ウソですよ」とバッサリ。「でも、あと何年モテるのかって話。もう25歳だし」と危機感も漏らした。

 また夏木マリに相談をよく持ちかけるようで「前回の恋愛が終わった時も、夏木さんにメールしたら、『お疲れ様』って来ましたよ」と(市川海老蔵)破局時のやりとりを報告。さらに「私って開き直りが早くて」と吹っ切れた様子で堂々と語った。

 なお、来週『Tapestry』(TOKYO FM系8時半〜11時放送。27日〜31日の5日間)にもゲスト出演する佐藤。そこでは“夏のポロリを聴かせて”をテーマにポロリ告白もある(?)トークを展開する。
タグ:佐藤江梨子